視力矯正に関する調査2016版

美容経済新聞社 産業調査部


市場調査


0円(税込)

ダウンロード期限: 無期限





    

カートに入れる


日本は欧米に比べて近視の割合が高く、日本人の1/3にあたる約5000万人程度が、矯正が必要な程度の近視になっているとの統計がある。

日本人が近視の割合が高い理由として、眼球の軸長が長い傾向にあること・勤勉に机上で作業をすること・漢字など細かい文字を使うことなどが挙げられる。

また、近年では、パソコンやスマートフォンやゲーム機の普及により、長時間画面を集中して凝視することが多くなった。それにより、眼の周りの筋肉が緊張し、眼球の運動量が低下するため、眼の筋肉が硬くなることが原因といわれている。実際、近視の低年齢化が問題となっている。

そこで美容経済新聞社では、メガネやコンタクトレンズ以外の視力矯正に対する認知・利用状況を把握し、情報を提供する事を目的として、下記要綱にて「視力矯正に関する調査」を実施した。


ログインフォーム

商品の検索

カテゴリ
フリーワード