化粧品OEM・ODM各社の「ユーザーニーズに対応する」【下】

美容経済新聞社 産業調査部


BHNオリジナル


0円(税込)

ダウンロード期限: 無期限


サンプルファイルを見ることができます。




    

カートに入れる


●株式会社美容経済新聞社について

美容経済新聞では、大手企業の動向だけではなく、ベンチャー企業、これから上場を目指す企業に着目し、また、地域産業の活性化などもウオッチし、美容産業全般に関わる情報を広く発信していきます。

◆化粧品OEM・ODM各社の「ユーザーニーズに対応するわが社の事業展開」
スソ野が広い化粧品業界にあって化粧品メーカーなどから化粧品の製造を請け負うOEM(Original Equipment Manufacturer・受託製造)や化粧品の受託開発(成分・処方など)製造を請け負うODM(Original Design Manufacturer開発・製造 )事業者が存在する。
現在、主な参入企業数は、約80社にのぼり容器、パッケージ、美容機器などのOEM生産事業者を含めると約150社に達すると見られている。
これまで堅実経営を辿ってきたOEM・ODM各社にとって国内化粧品市場が成熟市場を迎えた中で、顧客を囲い込む独自の技術開発やユーザーに対する販売の支援強化、グローバル化への対応など新たな分水嶺に立たされている。
そこで、独自色を発揮して対ユーザー戦略を講じるOEM・ODM各社(容器・美容機器含む)の事業展開に迫った。


ログインフォーム

商品の検索

カテゴリ
フリーワード